企業必見!メール誤送信防止ソフト厳選比較

ホーム > メールについて > メールからの情報漏えい対策は誤送信防止が重要です

メールからの情報漏えい対策は誤送信防止が重要です

パソコンが広く一般の人たちに活用される契機となったのが、インターネットサービスの普及にあることでしょう。
それまでは一部の大手企業や公的機関、複雑な計算などが必要な大学などの研究機関などに限定されていました。
今日ではパソコンを扱えない人は少ないことでしょうし、便利で快適な毎日を送るにはインターネットサービスを活用しない日はないことでしょう。
とくに自宅やオフィスに居ながらにして世界中に繋がることが出来るインターネットサービスは、グローバル化が急速に進んできているビジネスシーンにおいては必要不可欠なツールになってきています。
メールなどで文書やデータなどの情報を共有することができますので、スピィーディーなビジネス展開を行うことができます。
便利なインターネットですが、そのセキュリティ対策には万全を期する必要があります。
機密情報などをメールで送信するときに誤送信などをしてしまいますと、大変なことになります。
ビジネスを安全に運営していくためにも、誤送信防止などを含めたセキュリティ対策を採用しておくことが安心です。



メールの誤送信に注意してトラブルを避けるには

メールの誤送信にはトラブルになるケースがあります。
相手先を間違えて送信してしまった場合、重大な機密事項を含んでいる場合には信用を損ねるだけでなく、損害賠償を請求されることにつながりかねません。
相手先がなければ、戻ってくるだけですが、オートコンプリートの機能を使ったり、アドレス帳から選択して入力する場合には、似ているメールアドレスや、名前の人がいると間違えてしまうことがあります。
できれば、作成して、すぐに送信をせず、確認するクセを付けましょう。
また、相手先から着信している場合は、返信機能を使って作成するようにすると間違いがありません。
ファイルを添付する時にも注意が必要です。
間違えて他の会社に関するデータを誤送信すると大変なことになります。
データファイルを添付するとメールサイズが大きくなりがちです。
一定以上のデータ容量を超える場合は、自動的に上司や担当部署の内容確認がないと送信出来ないシステムを導入すると、間違って送信することを防げる場合があります。



メールの誤送信にはどんなものがあるか

電話をかける時、かけ間違えることがあります。
かけると目的の相手とは別の相手が出ます。
相手にとっては迷惑でしょうが、誰にでもあることでしょう。
間違いを詫びてすぐに切るようにします。
このまま知らずに要件を離すことはないでしょう。
メールの誤送信の場合、よくあるのはアドレスの打ち間違えです。
それが世間に存在しないアドレスなら痩身不能で戻されます。
しかし存在するとその相手に届きます。
電話のように相手に届いた段階でわかるのではなく、内容もすべて相手に見られてしまいます。
その他にあるのは、アドレスで相手を間違えて選択することでしょう。
目的の相手の上や下を選択してしまうケースがあります。
別の取引先などに送ってしまうと、違う条件などを取引先に知られて大変なことになる場合があります。
十分注意して対応しないといけません。

次の記事へ