企業必見!メール誤送信防止ソフト厳選比較

ホーム > メールについて > メールでしてしまいがちな誤送信をなくすには

メールでしてしまいがちな誤送信をなくすには

メールの誤送信をしてしまったらまずそのことについて相手先にお詫びをします。
そしてその対策をして二度とがないように努めなければなりません。
誤送信を防ぐにはメールを送信する前にいったん保留にしておきます。
後で冷静に見返してから送れるようにすることで、不適切な内容を送るという事態を避けられます。
内容とともに、アドレスや貼付する資料などをチェックしてから送るクセをつけておきます。
システムでの対策も有効です。
自動的にそのメールが適切かどうか判断してくれます。
また、自分が設定している内容と相違があった場合に警告をしてくれたり、送信先の制限を設けるなど本人がチェックしそびれても誤送信を防ぐようにしてくれます。
一番いいのは、別の人に一度チェックしてもらうことです。
上司にダブルチェックをしてもらってから送ります。



メールの誤送信をもらってしまったときにすること

メールの誤送信が受け取った場合の対処方法は、率直にその旨を伝えることです。
メールで誤っていることを伝え、送信者に今一度確認してもらいましょう。
シンプルに一言添えるだけでも大丈夫です。
相手が一番気にしていることは、その内容が外部に漏れることです。
特に顧客情報や社外秘情報が含まれている場合は送信者にとって一大事です。
他言しないことを言っておくと、相手も安心します。
社内など気のおけるもの同士であれば、本来の正しい送り先に送ってあげてもいいでしょう。
急ぎである場合もあるのでそのほうが親切です。
苗字が同じ人がいてよく間違えて送られてくるなど、明らかに原因が分かっている場合は転送しておきましょう。
いずれにしても放置しておくのはビジネスマナーとしてあまりよくありません。
シンプルでいいので何かしらメールを送っておくほうが賢明です。



メールの誤送信防止は情報セキュリティーの要です

今日におけるインターネットサービスの活用範囲は、分け隔たりなく広がりを見せてきています。
毎日の生活を送るに当たって、インターネットサービスを利用しない日は無いと言っても過言ではないことでしょう。
とくにグローバル化が進行してきているビジネスシーンにおいては、その活用範囲はさらに広がりをみせてきています。
中にはインターネット上だけで全てのビジネスを処理している企業なども少なくありません。
ベンチャー企業や個人でサイドビジネスなどを手掛けているようなケースでは、そんなビジネス運営も珍しくなくむしろスタンダードになりつつあります。
そのようにインターネットサービスの活用において、警戒すべきことが情報漏えい対策になります。
うっかり機密情報や顧客などの個人情報などをメールなどから漏らしてしまうケースもあります。
誤送信対策などを含めてしっかりとセキュリティ対策を導入しておくことが重要になってきます。

次の記事へ