企業必見!メール誤送信防止ソフト厳選比較

ホーム > メールについて > メールの誤送信には素早い対応が大切です

メールの誤送信には素早い対応が大切です

電話やFAXといった手段より、格段に使われているのがメールです。
それは、プライベートに限った事ではありません。
手軽さと便利さを兼ね備えたビジネスツールとしても十二分に力を発揮しており、すっかりコミュニケーションの主流になっていますが、利用が増える事によって浮上してきた問題点の一つが誤送信です。
スペルミスをはじめとした軽いものから、部署や会社といった単位で送信先を間違ってしまうものまで、中身は様々ですが、大切になって来るのが、誤送信をしてしまった後の対処です。
正しい送信先へ必要なメールを送ることだけではなく、誤って関係のないメールを送りつけてしまった相手にもフォローが必要になります。
そもそも誤送信を起こさない様にすることが一番大切ですが、十分に注意をしていても起こってしまう場合もあるかもしれません。
起こってしまった場合には、素早く誠意を持って対応することがとても重要になります。



メールの誤送信をしてしまったら

仕事にはメールは欠かせません。
しかし誰しも送信する時に中身を確認せずにメールを送信してしまう人は多いでしょう。
誤送信してしまったら遅いかといえばそんなことはありません。
誰でもミスはあります。
そんな時は慌てすに一言申し訳ありませんでしたという言葉を添えてもう一度送信し直せばいいだけです。
個人的にはメールの送信は立場が変わればまた違う対応を求められることは当然ですが個人的にはしっかりとした送信をするのが大切ではないでしょうか。
いろいろな考え方があってもいいといえますが大切なのは誠意ある送信です。
ビジネスマンとしての当たり前の礼儀だと考えます。
ですから慌てて誤送信をしてもしっかりとした対応をすることで相手も喜ばれるのではないでしょうか。
大切なことはミスをしたことではなくミスをしたあとの対応だといえます。



メールの誤送信を防ぐためにすべきこと

メールは企業が顧客や取引先などに情報を伝えるために用いますが、誤送信をすると外部に情報が漏れることや相手に迷惑がかかります。
送信をする時は宛先を確認して間違えないようにすることを心がけ、複数のアドレスに一括して送る場合は注意が必要です。
メールはパソコンや携帯電話に情報を送信でき、はがきや封書などを使うよりもかかる費用を減らせるため気軽に利用できます。
誤送信は顧客や取引先が増えるとなりやすく、複数のアドレスに一括して送る場合はあわてずに確認することを心がけることが大事です。
情報伝達をする時は取引先や顧客に信頼されるように内容を決め、お互いに満足できるようにする必要があります。
メールの誤送信を防ぐためにすべきことは送る前に件名と宛先を再確認し、間違って届くと相手に迷惑がかかることを認識することが重要です。

次の記事へ