企業必見!メール誤送信防止ソフト厳選比較

ホーム > メールについて > メールを配信する際の誤送信の注意方法

メールを配信する際の誤送信の注意方法

配信する際に、気を付けなければならない事があります。
その一番気を付けなければならない事は誤送信です。
誤送信で一番多いのはアドレスの登録ミスです。
アドレスを登録するときに、間違いがないかどうかよく確認すること。
登録し終わったら、必ず目でもう一度追いかけて確認すること、登録相手に登録した旨の簡単メールを出してみましょう。
間違っている時は必ずアドレスが間違っている旨の連絡が届きます。
何回もアドレス違いの連絡が来るときは、相手方に連絡して、アドレスを確認しましょう。
又は相手先から、自分あてに出してもらいましょう。
送られてきたアドレスをコピーして登録すれば、登録ミスを防げます。
いずれにしても自身の注意不足が原因です。
確実なのは、相手から空メールをもらって、アドレスをコピー&ペーストして登録するのが一番確実かも知れません。



メールの誤送信を避けるために出来る事

コミュニケーションの手段として、メールが多用される様になり、日常的に使用している人も多い筈ですが、その一方、誤送信を招くといったことも増えています。
電話の様に相手の都合を気にせずに送れるという手軽さや、ボタン一つで送信できてしまうという点において、確認や注意という意識が持ちにくいことも特徴です。
個人間の連絡でも誤送信は避けたい所ですが、最も注意しなくてはいけないのが、企業間での連絡になります。
誤送信をしてしまうと、相手に必要な連絡が出来ていない状態になるだけでなく、相手の情報を第三者へと流出させてしまうことに繋がりかねません。
些細なミスといって良いかもしれませんが、時に、大きなミスに発展してしまう可能性を大きく孕んでいるため、注意が必要です。
そのためには、送信ボタンをクリックする前に、十分な確認をする癖を付けることがお勧めです。
受取人として選んだ送信先は本当に正しいかどうか、送信先アドレスの打ち間違いや勘違いは無いか、時間がなく焦っている時ほど、一呼吸して確認することが重要になります。



メールを誤送信したらどうしよう

メールでのやり取りや、ラインでのやり取りが頻繁に行われる様になり、スマートホンも電話の役割と言うよりは、それらの遣り取りを行うツールとしての方が、メインになって来ている様な気がします。
ラインの方が遣り取りは簡単ですが、IDが存在していて、お互いにそれを快諾しないとアドレスを交換出来ない仕組みになっている為、ご送信すると言う様な誤りは発生しにくい仕組みになっている様に感じます。
でも、メールのアドレス交換だと、もっと垣根は低くて、割と簡単に交換出来ます。
だからこそ、誤送信してしまうと言うミスが発生するのかも知れまない様な気がします。
もしも知らない人から電話が来たら、取らずに見送る人が多いですが、知らない人からメールが来たら、それをどうするか一瞬悩みます。
文章を読めるので、内容がとても重要な事だったら、猶更このまま無視するのは申し訳ない気がします。

次の記事へ