企業必見!メール誤送信防止ソフト厳選比較

ホーム > メールについて > 電子メールを誤送信するきっかけ

電子メールを誤送信するきっかけ

電子メールは、ビジネスはもちろん、個人の生活のレベルでも欠くことができない情報インフラとして活用されています。
それに伴い、個人情報や機密情報の漏洩等といった、誤送信による情報漏洩が増加する傾向にあります。
情報漏洩はあらゆる企業に発生しうる事象であり、一度発生してしまうと企業の価値を大きく損ね、ブランドに大きなダメージを与えてしまいます。
しかし、これらの重大な情報漏洩のきっかけは、誤操作などのうっかりミスによる漏洩が大半を占めていると言われています。
メールは、効率的な情報伝達の手段として必要不可欠ですが、利用機会が増加することで、情報漏洩の機会が増えています。
メールを作成してから送信するまでの時間が短いという特性の反面、内容を確認する時間が短く、しかも個人作業で作成から送信まで完結するという自己完結性にも原因があります。



メールの誤送信はなぜ起きるのか

昨今、メールの誤送信によって重大なセキュリティ事故が起こった例は少なくありません。
そのため企業でも様々な取り込みを行い、防止をしようとしていますが、完全に無くなったとは言えない状況というのが現実です。
ではなぜメールの誤送信が起きるのでしょうか。
まず第一に挙げられる間違いが、同姓の人、さらには同姓同名の人がいるという現実です。
この場合、アドレスが似たようなものになりがちです。
間違えて同姓の人に送ってしまったという事例は非常に多いです。
次に挙げられるのが、アドレスを手打ちで入力するということです。
1字でも間違えた場合、存在しないアドレスとして返ってくれば問題ありませんが、運悪く別の誰かのアドレスだった場合、その人に送信されてしまいます。
このように原因は送信者の勘違いや過信によるものが多いです。
誤送信を無くすためには十分な確認を怠らないことが大切です。



メールで起こるうっかりミスの代表誤送信

携帯電話を利用する人は、知り合いとメールでやり取りをすることがあるでしょう。
送信ボタンを押すだけで簡単にメッセージが届くメールはとても便利です。
携帯の電波が届く限りどこにいても連絡が取れます。
しかし、注意すべき点も存在します。
連絡事項は何も日常会話ばかりではありません。
下級の要件でメールを送ることも少なからずあります。
その時にうっかり送信先のアドレスを間違えたりして誤送信してしまうことがあります。
アドレス帳の上下に登録されている人や、登録アドレスが似ている人とは何かと間違えたりします。
同僚に送るつもりで上司にタメ口連絡が行こうものなら翌日にお説教です。
誤送信を防ぐには送る直前に確認するしかありません。
急ぎの連絡でも5秒耐えましょう。
それくらいあれば確認は終わります。
あるいは先に送信先を決めておくと言う手もあります。
工夫次第で誤送信は防げます。

次の記事へ